貴重な成分

ローヤルゼリーの選び方

ローヤルゼリーを選ぶ際は、大きく分けて3つのことに注意する必要があります。
それは、原産地、デセン酸の含有量、原材料の3つです。
1つずつ詳しくみていくことにしましょう。

まず、原産地についてですが、一番安心なのは国産です。
しかし、現在、日本で作られているローヤルゼリーは数に限りがあり、国内の需要を満たすだけ生産することができません。
そのため、海外から輸入するしか方法がないのです。

代表的な輸入先といえば、中国、台湾、タイなどがありますが、いずれも輸入する段階で鮮度が落ちてしまうといえます。
ですから、原産地をチェックする場合は、どのくらい鮮度や品質にこだわっているのかを必ず調べるようにしたいものです。

2つ目は、デセン酸の含有量です。
ローヤルゼリーに含まれている特有成分の1つなのですが、デセン酸が多く含まれているローヤルゼリーほど、品質が高いといわれています。
一般的な含有量の目安としては、ローヤルゼリーの形状によって違い、生のローヤルゼリーであれば1.60%以上、乾燥状態であれば3.85%以上、調整された状態であれば0.21%以上デセン酸が含まれている必要があるようです。

このデセン酸の含有量の多さは、商品の価格とは無関係ですので、価格が高ければデセン酸の含有量も多いというわけではないと言えます。
そのため、商品を購入する場合は、必ずチェックしておきたいものです。

最後の3つ目は、原材料です。
一番のお勧めは生ローヤルゼリーですが、鮮度が命ですので、徹底された品質管理の下、製造しているメーカーの商品を選ぶ必要があります。
それから、調整ローヤルゼリーについてですが、こちらはローヤルゼリーの他に添加物が含まれている商品です。
原料にこだわって製造されている場合は心配いりませんが、具体的にどのような添加物が含まれているのか明記されていない商品は、避けた方が無難です。

以上3つのポイントに気をつけながら、ローヤルゼリーを選ぶことによって、高品質な商品を購入することができるでしょう。
また、http://www.palewise.com/にあるような口コミも参考にして選ぶことも良いでしょう。

Copyright(C) 2013 栄養バランスが優れた食品 All Rights Reserved.