貴重な成分

ローヤルゼリーとはちみつ

ローヤルゼリーとはちみつの違いについては、世間的にあまり知られていないため、どのようなものか分からずに使用している人が多いといえます。
そこで、ローヤルゼリーとはちみつの特徴について、詳しく解説していくことにしましょう。

まず、ローヤルゼリーとはちみつの違いを一言でいうと、http://www.ramadasuite-seoul.com/にもかいてある通り、ローヤルゼリーは女王バチの食べ物、はちみつは働きバチの食べ物です。
両方とも、働きバチが作り出すものではありますが、作り方に違いがあるのも特徴の1つでしょう。

ローヤルゼリーは、働きバチが花粉を食べて消化吸収し、腸から吸収されて合成物質となったものを、咽頭腺と呼ばれる部位から出す分泌液と混ぜ合わせて作ったものです。
一方、はちみつは、花蜜を蜜胃と呼ばれる場所で消化し、ブドウ糖と果糖へと分解してから一旦巣の中に戻し、熟成させて作ったものです。

ところで、http://blog.pradprathivi.com/2.htmlにも書いてあるように作り方にも違いがある、ローヤルゼリーとはちみつではありますが、更に大きな違いは栄養価です。
ローヤルゼリーには、3大栄養素をはじめ、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、特有成分が含まれています。
特有成分とは、天然の食品の中ではローヤルゼリーにしか含まれていない栄養素で、デセン酸が特に有名です。

はちみつも、栄養価は高いのですが、ローヤルゼリー程ではなく、唯一違いがあるとすれば糖質でしょうか。
ローヤルゼリーが全体の1割ほどの糖度であるにもかかわらず、はちみつは約8割もの糖質を含んでいます。

なぜ、これほどまでに、栄養価に違いがあるのかというと、女王バチの役割と深く関係しているようです。

女王バチは、巣の中で唯一卵を産む存在です。
状況によっては、他のメスのハチも卵を産むことがありますが、産卵する卵の数の桁が全く違うのです。
その数、女王バチで約1日2000個前後といわれています。
ですから、十分な栄養を摂取し、常に体力を身につけておかなければなりません。
ローヤルゼリーと女王バチこちらの記事も必見です。
そのため、ローヤルゼリーのような、栄養価が高い食べ物が必要となるのです。

このように、ローヤルゼリーとはちみつは、全く異なるものです。
用途に合わせて、使い分けるようにしましょう。
また、生ローヤルゼリーについても是非知って頂きたいです。詳しくはこちらhttp://ln268.com/raw.html

Copyright(C) 2013 栄養バランスが優れた食品 All Rights Reserved.