貴重な成分

カロリーで選ぶローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、蜂蜜の一種だと勘違いして、カロリーを気にする人が多いようです。
ミツバチが作っているということもあって、蜂蜜と混同してしまいやすいといえますが、全く異なるものですので、カロリーを気にする必要はありません。
なぜなら、ローヤルゼリーには、糖分がほとんど含まれていないからです。

糖分は、全体の約1割程度だといわれています。
ですから、全く甘みを感じることがありません。
一方、蜂蜜の場合、全体の約8割程度が糖分だといわれていますので、その差は歴然だと言えます。

それだけではありません。
ローヤルゼリーには、新陳代謝を高める作用や、脂肪の燃焼を助ける作用があるため、継続的に摂取していくことによって、体質を改善することができるのです。
つまり、糖分はほとんど含まれておらず、それどころかダイエット効果も期待できるというのが、ローヤルゼリーの正体だといえます。

とはいえ、一部例外があります。
それは、ドリンクタイプのローヤルゼリーを摂取する場合や、調整タイプのローヤルゼリーを摂取する場合、別な味をつけるために、微々たる量ではありますが、糖質などが用いられている場合があるということです。

そもそも、ローヤルゼリーは非常に独特な味をしているといわれています。
その味が苦手で、ローヤルゼリーの摂取を諦めてしまう人もいるほどです。
ですから、特徴的な味を隠すために、別の風味がつけられていることが多々あります。

カロリーを気にするほど、味が付けられているわけではありませんが、生のローヤルゼリーと比べると、若干カロリーが上乗せされてしまいます。
そのため、どうしてもカロリーが気になるということであれば、生のローヤルゼリーを使用するか、カプセルの中にローヤルゼリーが詰められている商品などを使用すると良いでしょう。

ローヤルゼリーは、高品質な商品ほど、効果を実感しやすいといわれています。
カロリーで商品を選ぶというよりも、ローヤルゼリーに含まれている成分の含有量や、原料の産地などを参考にしながら選ぶことをおすすめします。

Copyright(C) 2013 栄養バランスが優れた食品 All Rights Reserved.