貴重な成分

自律神経のためのローヤルゼリー

自律神経は、人間が生命を維持するために重要な役割を果たしています。
例えば、体温調節や外部から受けるストレスの軽減、環境の変化に対応するためには、自律神経が正常に機能している必要があるのです。
自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、両者のバランスが非常に大切で、なんらかの形で崩れてしまうと、その途端、心身にあらゆる悪影響を及ぼすといわれています。

その代表的な状態の一つが、自律神経失調症です。
めまいや不眠、イライラをはじめ、手足のしびれ、頭痛、抑うつ状態、のぼせ、ほてりなど、様々な症状が発症し、改善するまでに時間が掛るケースも多々あるのです。
ところで、この自律神経は、自らの意思でコントロールすることができない場所だといわれています。
ですから、医師の診察やカウンセリングをはじめ、生活習慣や食生活の改善、ストレス発散など、心身ともに健康となるよう努める必要があるのです。

また、自律神経を整えるためにローヤルゼリーを摂取していくのも、有効な手段の1つだといわれています。
ローヤルゼリーには、アセチルコリンと呼ばれるビタミンの一種が含まれており、このアセチルコリンが脳の中にある間脳と呼ばれる箇所に、直接良い影響を与えると言われているからです。

ローヤルゼリーの影響を受けた間脳は、新陳代謝を活発化させる他、老化が抑制されることも分かっています。
間脳は、交感神経や副交感神経を調整している中枢です。
そのため、ローヤルゼリーを摂取し続けることによって、徐々に自律神経が正常化されるといわれているのです。

ようするに、ローヤルゼリーは、脳の健康維持に役立つだけではなく、自律神経を正常化させ、ストレスに強く健康な体を作るのに役立つ優れたものだといえます。
また、アセチルコリンに限らず、自律神経に良い影響を与えるビタミン、ミネラル、アミノ酸をバランス良く含んでいますので、定期的にローヤルゼリーを摂取し、健康で若々しい生活を送るために活用すると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 栄養バランスが優れた食品 All Rights Reserved.