貴重な成分

ローヤルゼリーとポーレン

ポーレンは、ミツバチにとって、栄養素の源となっています。
聞き慣れない言葉ではありますが、簡単に言うと花粉のことを指しています。
通常、働き蜂は、食料の1つとしてポーレンを集めてきますが、非常に栄養価が高いものとして知られています。

それもそのはず、ポーレンは人間で例えると精子のような役割を果たすものです。
そのため、生命を維持していくために必要な栄養素が含まれている、命の源といっても過言ではないでしょう。
ビタミンやミネラルの他、5000種類ともいわれる酵素や補酵素まで含まれている完全食品の1つです。

ところで、ローヤルゼリーは、働きバチが作っているものとして知られていますが、このポーレンが原料となっています。
そのため、ポーレンがなければ、ローヤルゼリーを作ることはできないのです。

それだけではなく、ローヤルゼリーの栄養価が非常に高い理由は、ポーレンの影響を強く受けているからだといえるでしょう。
女王バチが体力を維持しながら、産卵を続けることができるのは、元をたどればポーレンのお陰なのです。

人間がポーレンを摂取した場合に、期待できる作用についてですが、代表的なものを取り上げると、疲労回復、花粉症の改善、ホルモンバランスの改善、肝臓機能の改善、免疫力の強化などがあります。
これらは、ローヤルゼリーにも見られる作用ではありますが、先ほどもお話した通り、ローヤルゼリーの原料がポーレンですので、ポーレンの作用の方が強力であるということができます。

また、期待できる作用の中に、花粉症の改善がありますが、ポーレン自体が花粉であるにもかかわらず、使用して問題がないのかと不安になる人が多いようです。
しかし、すでにアメリカなどでは、ポーレンが花粉症の治療に活用されていますし、人工的に体内に免疫を作るために、少量ずつ花粉を皮下注射で体内に注入していく方法は、日本でも取り入れられている治療法です。

このように、ローヤルゼリーとポーレンについて解説していきましたが、いかがだったでしょうか。
市販されているローヤルゼリーの中には、ポーレンが別途含まれているものもありますので、利用を検討してみると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 栄養バランスが優れた食品 All Rights Reserved.