貴重な成分

ローヤルゼリーとプロポリス

ローヤルゼリーとプロポリスが含まれているサプリメントを見掛けることがありますが、この2つの組み合わせには意味があります。

それは、抗菌作用です。
抗菌作用は、体のあらゆる部位に影響を与えると言われており、特に健康の維持に役立てることができます。

また、ローヤルゼリーとプロポリスは、両者ともミツバチが関係しています。
この2つのちがいについてはhttp://conradish.net/propolis/にも載っていますが、
どのように関係しているのかについて、詳しくみていくことにしましょう。

まず、ローヤルゼリーについてですが、元々女王蜂の食べ物だといわれています。
生まれて4日目くらいから食べ始めるといわれており、花粉と働きバチから分泌される成分が組み合わさって作られているものです。
ローヤルゼリーを食べ続けている女王ハチは、他のハチと比べると約3倍ほどの大きさとなるだけではなく、寿命も約40倍程度違うといわれています。

なぜ、他のミツバチとここまで違いがあるのかといいますと、それは卵を産み続けなければならないからです。
その数、1日1500個程度といわれていますので、かなりの体力を必要とします。
ようするに、この体力を維持させているのがローヤルゼリーなのです。
ちなみに、体力を維持させるために役立つ栄養素は、免疫力を高めたり抗菌力を高める効果も持ち合わせていることが分かっています。

一方、プロポリスについてですが、こちらはハチの巣の中を無菌状態に近づけるために、ミツバチによって作られる成分だといわれています。
現在も、世界中で研究が進められているのですが、ミツバチの分泌液と、植物の樹液、花粉などから採れる樹脂を組み合わせて作られているようです。
元々は、外部の敵やウイルスなどから、ハチの巣を守るために作られているものですが、強力な抗菌力がある他、抗炎症性などがあることも判明しています。
そのため、ローヤルゼリーと組み合わせることによって、より強力な抗菌効果が発揮されるといわれているのです。

以上が、ローヤルゼリーとプロポリスの詳細となりますが、専門家によっては、免疫系の病であるガンなどにも役立てることができるとして、研究を続けているケースもあります。
そのため、今後益々ローヤルゼリーとプロポリスの組み合わせは注目を集めそうです。
また、ローヤルゼリーのサプリメントについての記事も是非ご覧ください。

Copyright(C) 2013 栄養バランスが優れた食品 All Rights Reserved.