貴重な成分

ローヤルゼリーの副作用

ローヤルゼリーを初めて使用する場合、副作用について気にするケースがあるといえます。
そこで、ローヤルゼリーの副作用について、詳しく取り上げていくことにしましょう。

一般的に、ローヤルゼリーは副作用がない食品だといわれています。
そもそも、食品ですので、副作用という言葉が不適切だという話もありますが、それもそのはず。
副作用とは医薬品に対して使用する言葉だからです。
本来期待している効果ではなく、それ以外の効果が表れてしまうことを副作用と呼んでいますので、食品には当てはまらないのです。

とはいえ、食品でも副作用に当たる症状が現れることがあります。
それは、アレルギーです。

例えば、卵アレルギーや、蕎麦アレルギーなどがありますが、特定の栄養素や成分に過剰に反応してしまい、呼吸困難や倦怠感、吐き気、湿疹などの症状を引き起こしてしまうことはあります。
ローヤルゼリーの場合も同様で、含まれている成分が体質に合わず、なんらかの症状を引き起こしてしまうケースはあるのです。
特に、元々アレルギー体質であったり、蜂のアレルギーを持っている人は、使用を控えた方が良いでしょう。

ただし、全ての人が使用を控えた方が良いということではありません。
アレルギー体質の人でも、ローヤルゼリーを使用したことで、症状が軽減されたという症例があるからです。
ですから、どうしてもローヤルゼリーを使用したいということであれば、医師と相談しながら少量ずつ使用するケースもあるといえます。

以上、ローヤルゼリーと副作用についてご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。

今まで、重篤な副作用の報告は上がっていないようですので、安心して使用できる食品ではありますが、ローヤルゼリーは、そもそも人間に対する臨床実験や研究が不十分な食品でもあります。
そのため、身体にどのような影響を与えるのかについては、現在も研究が進んでいる最中なのです。
使用することに不安がある場合は、必ず医師に相談した上で使用を開始するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 栄養バランスが優れた食品 All Rights Reserved.