貴重な成分

免疫力強化のためのローヤルゼリー

人間の体には、免疫力が備わっています。
これは、長年の進化の過程で強化されてきたものであり、優れた機能の1つといっても良いでしょう。
私たちが、日々健康に過ごすことができるのは、この免疫機能が正常に働き、ウイルスや細菌などから体を守ってくれるからです。

例えば、身近なところでいうと、くしゃみをするというのも、身を守るために欠かすことができない1つの方法です。
普段何気なく、くしゃみをしていますが、埃やダニ、カビ、ウイルス、細菌などが鼻から侵入するのを、無意識のうちに防ごうとするのは、免疫力の1つである生体防御システムが働いている証拠だといえます。
それから、切り傷などの怪我をした際、かさぶたが出来て自然と皮膚が元の通りに戻るのも、免疫力が働いているからだといえるでしょう。
その他の例としては、風邪をひいても回復していくことや、一度かかった病であれば、かかりづらくなることも免疫力が深く関係しているといえます。

ところで、この免疫力は、一体どこでコントロールされているのでしょうか。

それは、自律神経です。
自律神経は、常に免疫力をコントロールしており、体内にあるすべての免疫系統に指令を出しています。
間脳視床下部の指令によって、自立神経は動いているといわれていますが、加齢やストレス、生活得習慣の乱れなどから、大元の間脳の働きが悪くなったり衰えてくると、たちまち自律神経が乱れてしまいます。
すると、途端に免疫力が弱くなり、抵抗力もなくなっていくのです。

そのような時に役立つのが、ローヤルゼリーです。
近年、注目されるようになったローヤルゼリーは、間脳を強化することができるだけではなく、間脳の老化を防ぐことも分かってきています。
ですから、体力が衰えて風邪をひきやすくなったり、免疫力が落ちてきたと感じた時に、ローヤルゼリーを摂取すると、症状が緩和される他、体力の衰えを改善することができるといわれているのです。

免疫力の強化は、普段の食生活や生活習慣の見直しがベースになりますが、それとは別に免疫力を高めていきたい場合に、ローヤルゼリーが大活躍するといえます。

Copyright(C) 2013 栄養バランスが優れた食品 All Rights Reserved.